【本田圭佑選手】カンボジア代表のGMに就任

本田圭佑選手(メルボルン・ビクトリーFC所属)はカンボジア・サッカー連盟(FFC)よりカンボジアナショナルチームのGMに就任されました。

本田圭佑選手(一部省略)
「会長、副会長、みなさん、このような場を用意していただきありがとうございます。先日、メルボルン・ビクトリーFCというチームと新しい契約を結んだばかりで現役サッカー選手は続けます。

実際にはメルボルンでプレーするので、すべての試合に関われない可能性がありますが、可能な限りでカンボジアのサッカーに関わっていきたいと思います。
カンボジアサッカー連盟、各チーム、育成年代のすべてが同じサッカースタイルをつくること。それがミッションのひとつです。これは日本でもすごく苦労していることです。目指すものがバラバラだと、みんなが違う方向に向かって、強いサッカーチームができあがりません。サッカーというのは今日、明日では強くならないので、しっかり目標を掲げ、そこにみんなが我慢しがら一緒になって進んでいくことを今回のミッションのひとつとして掲げます。

ふたつめは、サッカーを強くするだけではなく、サッカー以外のカンボジアの素晴らしいところを世界に伝えていくことも私の使命だと思っています。何度もカンボジアに足を運んでいて、カンボジアの素晴らしいところをいくつも目にしてきました。文化、世界遺産、農業、そういったところを世界にアピールをしてくつもりでいます。さらに、一番の特徴であるカンボジア人のまじめなところ。日本人と共通する部分でもあると思うが、そこをアピールしていきたいと思います。」